プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

オーナーの岸川です。
スタッフからは店長と呼ばれてますが。
前職は某旅行会社に勤務してました。30歳で独立という夢を実現させる為、27歳で脱サラしてこの業界に。
まだまだ未熟者ですが、接客が好き、料理が好き、お酒が好きな僕にとって
この仕事は正しく天職です。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

祝6周年!!

birthdayお陰様で6周年birthday

毎年言いますが、ほんまにあっという間ですhappy01sweat01

最近よく6年前の今頃を思い出しますshine

右も左もわからないまま、期待より不安の方が大きかったなぁdespair

それでもここまで来れたのは皆様方のご支援のお陰ですshine

本当に感謝してもしきれないぐらいですsad
有難うございますheart01heart01


で、この日は営業終了後、恒例の飲み会happy01beerbar

毎年僕と嫁さんからスタッフに、日頃の感謝を込めてプレゼントを
送るんですpresent

今年はスタッフからもお酒や朝焼いたばかりのカマボコ、洋菓子
なんかをもらい大感動sad

その上、みんなでケーキまで用意してくれてまたまた感動sadsweat01sweat01

今年は鍋を摘みながら、湯燗とっくりで日本酒をチビチビspa

新しいダシを試そうと鶏ガラに塩を加えただけの塩ダシを試食しましたdash
これがめちゃウマupで、特に豆腐と締めの雑炊が絶品でしたpunch

で、早速選べるお鍋コースに塩ダシを追加して、7種のお出汁から選べるようになりましたhappy01
(飲み会でも仕事の事を考えてる僕ってスバラシイshine

途中からお酒がペースアップして、僕を酔わそうとしたくっさんが自爆bomb

(奥で潰れてるのがくっさん)

今年の僕は初めて潰れず、きっちり後片付けまでして帰りましたnote
(鍋の件といい、やっぱり僕ってスバラシイhappy01 )

これから厳しい時代がしばらく続きそうな気配wobbly

でもそんな事にも負けず、区切りの7周年に向けて明日から又頑張りますpunch

みなさん、これからも春夏冬を宜しくお願い致しますnote

2008年11月29日 (土)

湯燗とっくり

いやーもう12月かぁsweat01
早いもんですねぇwobbly

段々寒い日が多くなりましたsleepy

こんな時こそ熱燗up

うまいっすよね~upup

チビチビやりながら、あー冬だなぁとしみじみ実感happy01

最近若い方や、まして女性が熱燗を飲む事がほとんど無い
事が気になってたんですsad

こんなに美味しいのにnote

相反して最近、一頃前より日本酒がよく出てるんですflair


何とか熱燗の美味しさを伝えられないかwobbly

先日、ここでもご紹介した「早瀬浦」という日本酒を
もっともっと沢山の人に知って頂きたいという思いもありますpunch

そこで『燗にオススメのお酒』と銘打って新たに6本をチョイスdash

しかし、厨房スペースに燗をつける機材や
鍋を設置する余裕も無く…どうしようdespair


そこで酒屋のかどもっちゃんに相談して発見したのが
この『湯燗とっくり』

二層構造になっていて、外側にお湯を入れ、中側にお酒を入れますshine

で、お客様のお好みの温度で飲んで頂けるように燗専用の温度計
も合わせてご用意

燗酒て奥が深くて、温度によって味がガラッと変わるんですflair


ぬる燗じゃタルいのに、熱燗にしたら味が立ってきたり
その逆もあったりhappy01

温度計を使う事により、お客様同士あーだこーだ言いながら
燗をつける…って楽しそうでしょhappy01upup


先日も普段から冷酒をよく飲むお客様にオススメしたところ大絶賛sign03


今までは燗酒の匂いが苦手だったけど、湯燗とっくり
だとそれがまろやかだとnote

燗酒に対するイメージが変わりましたと言って頂き、僕も感動sad

これからも燗酒の良さをどんどんアピールして行きたいなとdash

いずれ日本酒協会みたいな所から感謝状来たりして…(無いかsweat01

但し、この湯燗とっくりsign02

燗つけるのに時間がかかる為、イラチには不向きですhappy01

2008年11月25日 (火)

太刀魚釣り


先日、嫁さんと嫁さんのお母さん、弟と太刀魚釣りに行って来ましたdash
嫁さんの弟曰く、南港で太刀魚がかなり釣れるとか…note

釣りは子供の時によくやってたんですが、最近はホンマのたまーにやる程度

もちろん太刀魚釣りも初めてshine
(もっぱらサビキ専門で・・・happy01sweat01

なので、仕掛けも全て義弟まかせsweat02

ご存知の方も多いと思いますが、太刀魚釣りは日暮れからが本番punch

餌は冷凍のキビナゴか活けのドジョウを使うみたいですが、今回はキビナゴを使用しましたup

電気が付いた浮きを使い、いざアタックflair

この日はあいにく寒波が来てて日が暮れるとチョー寒くてwobbly

でも釣れたら、まずは下を刺身にして、上を塩焼きにして
それでも余ったら揚げて南蛮漬けにして・・・と妄想しながら
無言で竿を投げ入れる僕happy01sweat01

釣れた時の為に自前の包丁とまな板、醤油まで持参したのに・・・

釣果なしsad

マジすかpunch

急に寒くなったからかなぁって隣で釣ってた見るからに釣り人なおっちゃん

確かに誰一人釣れて無かったからまぁ仕方ないかimpact

結局、釣れなかったけど、漁師さんは毎日寒い思いして釣果に一喜一憂しながら命懸けで漁をしてるんだなぁとshine

改めて、魚を食べれる事、扱える事に感謝&敬意を持って
南港を後にしましたhappy01

しかし・・・帰りに王将で餃子と天津飯食べて・・ってsweat01

全然関係ないやーんsign03大丈夫か?俺sad

2008年11月13日 (木)

酒蔵見学ツアー


先日、福井県は美浜にある酒造会社・三宅彦右衛門酒造さんに
お邪魔して参りましたdash

事の発端は以前ブログにも書いた事がある、酒屋のかどもっちゃんと
南茨木で串カツ屋さんをやってる津田くんが春夏冬に飲みに来てくれ
た3ヶ月前shine

以前から酒蔵を実際に見学したいなぁっと思ってた僕に、かどもっちゃん
が「秋の酒の仕込みが始まる頃に、3人一緒に蔵見学に行こうsign03
と誘ってくれたのでしたnote

やっぱりお酒を扱ってる以上、作り手さんの思いをもっと知っておきたいし
、それを僕がお客さんにお伝えしたいしshine


で、当日朝JR大阪駅に集合punch

津田君は元・電車オタクだったみたいで、率先して僕らを誘導bullettrain

こうして大人の社会見学(遠足?happy01)スタートsign03

美浜の駅まで迎えに来てくださった、12代目の三宅さんご夫妻の案内の
元、地元の人しか知らないような素敵なお店でまずは昼食restaurant

ここのハンバーグが稀に見る美味しさflair
厚みがあるのに全然焦げてなくて、肉汁たっぷりで・・・シアワセhappy01

大変恐縮な事に、その昼食もご馳走になりwobblyいざ蔵へ・・dash

まずはその前に、三宅彦右衛門酒造さんは享保3年(1718)創業の老舗shine
300石と小さいながら、そのこだわりの酒は日本酒業界でも評判の蔵です。
(偶然にも今僕が一番興味があった蔵がこちらでしたshine

12代目の三宅さんは僕の1つ上の37歳とお若く、とても誠実な方でしたheart02
歳が近いせいもあり、色んなお話しを聞く事が出来ましたflair

仕込みの水は蔵の中にある井戸から汲み上げる事や

現在、少しずつ増やして来られたタンクは28本あること

滅多に見れない麹部屋や瓶詰めの機械なども見学させて頂き

本当に目からウロコな一時でしたflair

売れるんだから、生産量を増やせばいいのに・・って内心思ってたんですが
そんなに簡単な話じゃないんですよね~wobbly

こだわってるからこそ、質を落とさずに生産を増やすというのは
物理的にも限界があるっていうことsweat01

今から春まで続く仕込みの間中、三宅さんは夜も2時間ごとに酒の管理
を行うらしいんですdespair

ほんと・・脱帽ですdespair

ここまで真摯に、そしてストイックになって初めて良いお酒が造られる
という事実に改めて感心しましたshineshineshine

そんなお忙しい中、嫌な顔一つせずご対応頂いた上に、沢山のお土産まで
頂いて・・・感謝感激ですsweat01

で、さらに敦賀にある美味しいお店(なかや)さんを予約して下さって
おり、そこの料理と味にまた感激sad




なかでも「はじぐろ」?っていうカレイの塩焼きと、自家製のからすみ大根やホタルイカの沖漬け・フグの子のへしこがのった珍味の盛り合わせは絶品でしたup

勿論、三宅彦右衛門酒造さんのお酒「早瀬浦・はやせうら」の
純米・純米吟醸・純米大吟醸もたっぷり堪能させて頂きましたhappy01

「早瀬浦」、ほんまに旨いですよsign03sign03
こんなお酒に出会えてシアワセ・・・happy01

3人で冷酒・ひや・ぬる燗・熱燗と全て試し、あーだ・こーだsweat02
最高に有意義で楽しく幸せな一時でした・・・

卑しい僕らは、雷鳥に乗るギリギリまで、この後2軒・早瀬浦が置いてる
店を回り、胃に収めて帰宅の途に着きましたbullettrain

三宅さん・奥様・お父さん・お母さん

皆さんが一生懸命作ったお酒に恥ずかしくないような料理やお店を
これからも作っていけるよう、僕も頑張りますね~punch

有難うございましたsign03


2008年11月 2日 (日)

美味しいビールへのこだわり

最近朝晩が寒くなってきましたsweat01

しかし、まだまだ日中は暑い日も多いですねsun

家に帰って缶ビール、プシュsign03がまだ日課happy01sweat02


先日、アサヒビールの担当さんが持ってきて下さった資料によると・・

お店を選ぶ基準の上位が「雰囲気・料理(味)・値段・接客」。

これは当たり前なんですが、意外と美味しいビールが来店目的という

お客様が非常に多いとの事flair

よくよく考えてみたら、僕もどうせ外で飲むなら美味しい生ビールを

飲みたいなぁってhappy01

生ビールの味だけは、よーーーーく判るんですnote

そのお店がちゃんとサーバーを洗浄してるのか否かpunch

生が美味しくないお店では、2杯目から瓶ビールに変えますが

それじゃ家と変わらんやーんannoy

だから春夏冬ではビールサーバーを、オープン当初から毎日必ず
洗浄しておりますshine

お客様が1杯目の生ビールを飲まれて「美味しいsign03」と
言って下さったり、一気に飲み干して「ぷはぁーhappy01」と
されるのを見てるとこっちまで「生ビール飲みたーいsign03
ってなっちゃいますhappy01

これから寒くなってくると、ビールは初めの1杯だけって事も増えそうです
よねbeer

だからこそ、美味しいビールを味わって頂きたいんですshine

毎日ちゃんと洗浄してる生ビール、是非飲んでいって下さいnote

和DINING 春夏冬 のサービス一覧

和DINING 春夏冬